松宮恵

noteで働いています。法人向けプラン「note pro」のカスタマーサクセス担当。4歳、6歳を子育て中。山や森の近くに住みたい

松宮恵

noteで働いています。法人向けプラン「note pro」のカスタマーサクセス担当。4歳、6歳を子育て中。山や森の近くに住みたい

マガジン

  • note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

    • 242本

    note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、読み手の共感や感動を呼ぶnoteが集まっているので、ぜひ自アカウントでのコンテンツ作成のヒントにご活用ください。

  • いすみ週末2拠点日記

  • コミュニティ

    企業のユーザーコミュニティやコミュニティマーケティングについて参考になる記事まとめ

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、読み手の共感や感動を呼ぶnoteが集まっているので、ぜひ自アカウントでのコンテンツ作成のヒントにご活用ください。

すべて見る
  • 242本

転職して初めてわかった、お酒メーカーの広報になると自社のお酒を進んで飲んでしまう「なるほど」な理由

早いもので、白岳に転職して約2年半の月日が経ちました。 お酒を飲むことが大好きという理由だけで飛び込んだ、本格米焼酎の世界。業界未経験ということもあり、入社当時はお酒にまつわる規制や商慣習など目の前の事に対応をするだけでとても大変だったのを覚えています。 そんな素人同然で転職してきた私ですが、生意気にも入社した時に一つだけ心に固く決めていたことがあります。 それがこちら 「入社後も自社商品にこだわらず、色々なお酒を飲み続ける」 自社商品を飲むのも大事かもしれないけれ

スキ
35

安心して情報発信できるように。社員向けSNS利用ガイドラインを紹介します

フィードフォースが制定した、社員向けSNS利用ガイドラインをnoteでも公開します! 社員の情報発信を促進したい方、個人のSNS利用方法を見直したい方に読んでいただけたらうれしいです。 社員のSNS利用は大歓迎!でも、最低限守るべきガイドラインはありますフィードフォースでは社員のSNS利用を禁止しておらず、むしろ推奨しています。 社名や実名を出すことに許可も必要なく、どんどんやりましょう、というスタンスです。 しかし一方で、SNSでの発信には一定のリスクがあります。 そこ

スキ
19

レイアウト力が上がる!デザイナー視点で考える「余白」

こんにちは。LANCER UNIT(ランサーユニット)note編集部です。 ランサーユニットの公式noteが発信するクリエイター向けお役立ち記事。今回は、デザインでも重要なレイアウトにまつわるお話です。 そのなかで「余白」についてご紹介します。 「余白」の一般的な意味を調べると、文字通り「余った白い部分」のことですが、デザインをするうえでは「意図をもって作られたスペース」を指します。 この「余白」をただの「余った空間」という認識でいると、余白のあるデザインに不安を覚えること

スキ
104

フィードフォースのnoteに込めた想いを自分で言うのは照れくさいので、他社広報に話を聞いてもらった

どうも、フィードフォースのnote編集長のなべはるです。 「noteにこめている想いは人一倍あるつもりだけど、それを自分で言葉にするのはなんだか照れくさい……」そう感じてしまって、これまでなかなか想いを言葉にできずにいました。 そんなとき、ふとひらめきました。「自分で言葉にするのが照れくさいなら誰かに聞いてもらおう。せっかくだから、他社で採用広報をやっている方にインタビューしてもらおう!」と。 というわけで今回は、カイロスマーケティング株式会社の採用広報担当さとうさんに、

スキ
54

いすみ週末2拠点日記

すべて見る
  • 5本

いすみでの2拠点生活を卒業することにしました

千葉県、いすみ市での2拠点生活を、この夏で卒業。3年半暮らしたシェアハウスを出ました。 平日は千葉・浦安市で過ごし、休日は同じ千葉・いすみ市の里山にある古民家シェアハウスで過ごす。 この暮らしを卒業することにしたのは、山梨県への移住に向けて動き始めたからです・・! 私も夫も、日本全国リモートでどこでも働けるようになった頃から自然豊かな場所への移住を、ほーんのり、ぼーんやり考えていました。 今住んでいる浦安市は、夫婦ともに会社が近かったから選んだ場所で(そして二人とも職

スキ
40

二拠点生活、3年目の冬。杵と臼で餅つきをした。

年始に餅つきをした。きっかけは夫が納屋から木の臼を見つけたことだった。我が家が週末を過ごしている古民家シェアハウスには、納屋がある。昔、家主の方が農業をしていた頃の道具が色々残っており、雑然とした場所だ。 納屋の奥から臼を見つけ出し「これで餅つきをしたい」と夫が言ったときは、正直、うわっ、め、めんどくさい!と思ってしまった。お餅を自分でついたことなんてないし、工程が壮大すぎて、とても我が家だけでできそうもない。私は休日はゆっくりしたいのだ。 餅のことはすっかり忘れた頃に、

スキ
51

薪ストーブで焼き芋をつくってみた

先週、会社の会議で「焼き芋をやりたい」いう話がでた。そうか、焼き芋って人気なのね。よし、noteで焼き芋レポートしてみよう!と思いたち、この週末田舎の家でやってみた。焼き芋は焚き火でもできるけど、たいてい薪ストーブでやる。熱がさつま芋の内部にじっくり伝搬するからか、とても美味しくできるのだ。 お芋は、少しだけ畑でとれたのもあったが、もう全部食べてしまった。なので行きつけの地場スーパー「スーパーランド」でゲット。畑で作ったり、人にもらったりするので、1本200円か〜と少し値段

スキ
24

タケノコを掘り、クレーンでこいのぼりをあげた5月

先週末のアド街ック天国で、わが家の2拠点先の千葉県・いすみ市が特集されていました。行ったことがある場所や知っている方が出てびっくり!ほんとポテンシャルが高いんですよね、いすみ。 そして、この週末も山整備。広大なのでわかりづらいけど、少しずつ綺麗になっています。今回は、横倒しになっていた倒木を、切り倒したのでだいぶ景観が良くなりました。 Before After わかりますかね・・。横倒しの木を下に落としました。 斜面につきささっていた端っこをチェーンソーで切りおとす夫

スキ
41

コミュニティ

企業のユーザーコミュニティやコミュニティマーケティングについて参考になる記事まとめ

すべて見る
  • 17本

ファンがファンを呼ぶ、”選ばれるビジネス”に欠かせないコミュニティの作り方(発展編) 【 #女性起業家支援プログラム 講義レポ】

SK-IIと渋谷区、meeTalkが連携し、共同で 女性起業家支援プログラム #CHANGEDESTINY を開催!新型コロナウィルス感染症の影響を受けた女性のビジネスオーナーを支援するため、ビジネスを継続・発展させるために必要な「学び」と「ネットワーク」を得られるセッションと交流の場を提供。多くの女性起業家たちが集いました。 本記事は1日目のコミュニティマーケティング・ワークショップ、「ファンがファンを呼ぶ、“選ばれるビジネス”に欠かせないコミュニティの作り方(発展編)」

スキ
7

#CMC_Meetup登壇レポート前編「カオナビのコミュニティが向き合う、2つの“初期の壁”」

みなさんこんにちは!株式会社カオナビでコミュニティ運営に携わっています、ゆり(@tsubo_yuri)です。 先日、CMCビギナーズルームのご縁から「【CMC_Meetup Online】Vol.21 "どうやって超える?コミュニティ立ち上げ初期の壁"」に登壇させていただきましたが、まさにいま壁を乗り越えようと奮闘している途中の私にとって、学びたっっくさんのすてきな時間でした…!#CMC_Meetup運営のみなさま、そしてご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございまし

スキ
18

ユーザさんをヒーローに!〜プロダクト外の付加価値を考える〜

メリークリスマスイブ! freeeカスタマーサクセスでコミュニティマネージャーをしているseiです。 freee Success Advent Calendar 2021の24日目を担当します!図らずもこの日に執筆することになってしまい、ちょっとドキドキしています。 ユーザコミュニティを作りたいと思ったワケ私は2017年の1月に入社、3月から法人カスタマーサクセスチームの立ち上げにJoinし、そこから一貫してカスタマーサクセスに携わっています。 現在はユーザコミュニティ作

スキ
23

コミュニティを立ち上げる際に考えるべきポイント

こんにちは。 コミュニティフリーランスの長田(@SsfRn)です。 先日、久しぶりにタイムチケット経由で、コミュニティの相談を受けました。 このようなコミュニティの相談の内容の多くは、「これからコミュニティを立ち上げたいと考えているのですが、どうしたらいいでしょうか?」というものです。 確かに、まだコミュニティに触れたことがない人にとっては、不安が多いところだと思いますし、イメージがつきにくい部分。 今日は、そんな「これからコミュニティを立ち上げたい!」と考えている方

スキ
66