タケノコを掘り、クレーンでこいのぼりをあげた〜いすみ週末2拠点日記〜
見出し画像

タケノコを掘り、クレーンでこいのぼりをあげた〜いすみ週末2拠点日記〜

先週末のアド街ック天国で、わが家の2拠点先の千葉県・いすみ市が特集されていました。行ったことがある場所や知っている方が出てびっくり!ほんとポテンシャルが高いんですよね、いすみ。

そして、この週末も山整備。広大なのでわかりづらいけど、少しずつ綺麗になっています。今回は、横倒しになっていた倒木を、切り倒したのでだいぶ景観が良くなりました。

Before

IMG_4735のコピー

After わかりますかね・・。横倒しの木を下に落としました。

画像4

斜面につきささっていた端っこをチェーンソーで切りおとす夫。着実に山整備のスキルを上げています。すごいぞ夫。どこに向かってるんだ夫。

画像5

こうして切られた木や落ちている枝を下に運びます。ひとりで運べる方法をいろいろ試したあげく、IKEAの袋にいきつきました。端っこをカットすれば、長い枝もいけます。IKEA袋もまさか自分の人生(袋生?)でこうなる日が来るとは思わなかったでしょうな。ははは。

画像8

そして、4月に入ってからは、もっぱらタケノコと戦っています。
春の味覚を届けてくれる素敵な産物ですが、山整備の視点だと恐るべき相手です。放っておくとどんどん、いやほんとに、どんどんどんどん!!竹は育ち、荒れます。

竹林整備の本を読んだところ、代る竹、残す竹を見極めること。傘をさして歩けるぐらいが適切な竹林の間隔らしい。でも、そんなこと知らぬ存ぜずで、タケノコは生えてきます。なので、こんな風に、ぴょこんと頭を出したときに掘ってしまうことが肝心かなめ。

画像2

このぴょこんを見過ごすと、こうなります。タケノコ?もはや竹なのか?竹とタケノコの間のステータスがあることを、2拠点生活をはじめてから知りました。

画像9

ここまで育つと根が地中深くはっているので、掘ることはえぐいほど重労働になります。いやあ、竹の根ってすごいんですよ・・ほんと。。子供たちが竹専用のこぎりで切り落として運搬してくれました。たくましいっす。


画像11


画像7

ここまで敵のように書いてしまいましたが、美味しいですよ、タケノコ。とれたてのタケノコは苦味が少なくて、新鮮そのもの。専用のスコップを使ってぐいぐい掘り返し、抜ける瞬間は爽快痛快!シェアハウスの方がタケノコご飯とお味噌汁を作ってくれました。ああ、最高に美味しかった〜。

そんな山整備をしつつも、この週末は、こいのぼりをあげました。あげました、、って簡単に書いちゃうけど、ビッグプロジェクト、大人たちの総力戦でした。

画像9

全長5メートルはある巨大こいのぼりは古民家のオーナーさんの私物で、最近はとんとお出まししてなかった代物だそう。

昔は子供が1人生まれると、こいのぼりを1枚作ったそうですね。ここらへんでは田園風景のなか、ポールにくくられて、気持ちよさそうに泳ぐこいのぼりを見かけます。

しかし、こいのぼり用のポールなどないぞ・・・なので、木から木へロープを貼ってつるすことにしました。はしごで木に登り、太い幹にロープをくくりつけ・・


画像13

画像10

画像12

反対方向にある木にロープをくくろうとしたら、高さが足りない!こいのぼりがしっぽを引きずりまくってしまう!そこで、急遽、納屋においてあった数メートルの柱を、木にくくりつけて高さを出すプロジェクトにチェンジ。

たまたま(!?)古民家シェアハウスのサポートメンバーがクレーン車に乗ってきてた&巧みに操れるスキルを持っていたので、数メートルの柱を立てることができました。

そうして、こいのぼりがのぼった瞬間は拍手喝采!!私はロープをひっぱるぐらいしかしてないけど、達成感に満ち溢れましたね〜。こどもたちよ!物理的に頑張るお父さんたちの背中を覚えていてくれ!

画像15

屋根より高いこいのぼり、って歌は、こういう光景だったんだな〜。こいのぼりを揚げる理由について書かれた記事を見つけました。

鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚。その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の話から、子どもがどんな環境にも耐え抜き、立派な人になるようにと出世を願うことから飾られるようになったと言われています。

子どもの誕生への喜びと成長への祈りが、青空を力強く泳ぐこいのぼりに託される。いやはや、里山の端午の節句はダイナミックです。

画像15

画像15

《いすみ古民家シェアハウス Bamboobase》

私たちが住んでいる古民家の公式facebookです。里山での暮らしやリノベーション 、山整備、たまにイベント情報なども発信しています。



この記事が参加している募集

休日のすごし方

あざっす!
noteで法人向けプラン「note pro」のカスタマーサクセスをやってます。小売業でマーケティング→ITサービスストアカでCS→今に至る。千葉いすみ市で週末田舎暮らししてます。3歳息子、5歳娘子育て中。